混沌なるおもちゃ箱 FC支店

日々思フ事柄ヲ随時適当ニ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大出力ディーゼルエンジンの開発というのは

今まで、どれだけリソースをぶち込んで七転八倒した積み重ねが如実に表れるんじゃ無いかな。
たとえば、10式より一つ前の90式戦車のエンジンなんて、ご先祖様をたどって行くと大戦に間に合わずGHQに接収されて開発継続&資料一式根刮ぎ持ち去られたZC707(で、残された技術者によって復元&発展型の開発を経て今に至る)に行き着きますし、余所のメーカーだって開発していた訳です。
更に、軍主導の統制発動機計画を経て戦後のディーゼルエンジンにつながって行く訳なんですが……そんなに直ぐに得られるようなノウハウではありませんよね何につけても(動かす物は特に)

輸出とか苦しくなるけれど、コンポーネント輸入orライセンス生産でで堅実に@U-1速報
http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50436131.html


88式というかK-1の時のように仕上げて、時間をかけてパワーパック開発ってやれば良いのにねぇ……何とか基準を引き下げてテストをパスさせたけれど、予定した加速性能を満たせない等々(装甲他にも問題を抱えているだろうけれど)とどことなくデザインがルクレールにに似ているK-2の未来ってどーなんでしょうね。

ただ、急ぐ理由も分からん話じゃ無いのです。
戦車の数を重視しているため、M48なんかが未だに現役だったりしますからね(とはいえ、「故障の多いK-1A1等よりM48の方が良い」なんて人も居るらしいが)
そうした旧世代戦車の代替(と、不具合多発のK-1A1……まぁ、105mmに最適化した車両を無理矢理120mmにした反動が凄いのでしょう)という建前ですから、より固い移動式トーチカでも要求は満たせるって事なのかな。

技術資料として、ロシアから買ったT-80Uも有る訳だし、もっとデザインを変えたら(ルクレールとT-80Uを足してユーロパワーパック仕立てにするとか)良かったんじゃ無いかなぁ。
旧ソ連式複合装甲って、価格性能比が高く不足部分を爆発反応装甲で補うとか割り切りが凄いんですが、そうした部分について現物から学べなかったのだろうか?
スポンサーサイト
  1. 2014/11/15(土) 08:55:23|
  2. 混沌なる戯言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

実のところ、コレもインスタントよりマシという選択肢なんですけどね

やはり、回転の良いところで豆を買って入れた方が良いし、焙煎した奴を買ってきて自分で挽けば更に良い。
更に更に、生豆を買ってきて自分で焙煎し、焙煎したてを挽いて入れるのが最も良いのです。

それでも、マシな選択肢ではあるけどね!@おたほー
http://blog.livedoor.jp/otataho/archives/40581417.html


一応、いつものスーパーでインスタントドリップ珈琲を買う事は良くあります。
で、そこのスーパーで売っているレギュラーコーヒー(同じ豆を使っている物)も買うのですが、主に消費するのは其方なんですなぁ。

やはり、豆を蒸らす所から違うため、ウチの家族にしても間に合わせ的に口にするモノでしかないんです(ま、インスタントよりマシ……でも、今はインスタントも侮れない)
インスタントドリップコーヒーの主たる用途って、自宅と言うより職場のデスクだろうし、其方にしても最近は競合が多いのでは無かろうか?
更に、家庭でもエスプレッソマシンなんかが安くなっていますし、一定以上好む人は其方を選ぶかも知れません。

とはいえ、買ってきて開封&お湯を注ぐだけでレギュラーが飲めるというのは大きいため、他の伸び次第ですがそれなりに売れ続けるでしょう。
我が家では、やっと母上も自分でレギュラーを入れる様になってきたので買わないと思いますけども(笑

PS.
我が家でコーヒーを入れると、バッチリ5分は蒸らしてから洗い流す様に数回に分けて入れますねぇ。
で、6~7割くらい抽出したらお湯で割る……何故かというと、この辺りまで来ると湯をくぐらせてもコーヒー風味のお湯なので抽出する意味が無いから(^^;

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

  1. 2014/09/01(月) 20:56:16|
  2. 混沌なる戯言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

正直、純軍事的には予算の無駄遣い以外の何物でも無い

徴兵制って、現代日本の要求する能力に全く寄与しないのです。

まぁ、危機意識云々については解るけど@BLOGOS
http://blogos.com/article/86396/


そこに徴兵制云々とか、何かはき違えているとしか思えないわけですが(そして、それを煽るマスメディア他諸々についても山の様に問題がある)

そもそも、「軍事って何よ」と問うただけで、私の事を「お前は軍国主義者だ」とかレッテルを貼るアホも高校時代に居りました(藁
そして、問い詰めてやると殴りかかってくるという典型的な左巻き脳(ま、それを除けば嫌な奴じゃ無かったが)

で、そんなアホがまかり通る様じゃいかんのですよ。
普通に軍事って何で、何が必要で何をすべきかって議論が出来なきゃいけないし、こうした暴論を口に出せるような背景こそ危機感が足らないと思うんだよね。


で、切り込み隊長もこう申しております(ぼかぁ、やまもといちろう氏とは断じて言わない)@BLOGOS
http://blogos.com/article/86479/


純軍事的側面や経済的側面について考慮の外に置いたとしても、やっぱりまともな脳味噌で考える話じゃ無いと思うのよね(笑

なんだかなぁ、大学の学部生がプレゼミで書いて、現実論によって潰されるレベル(じつのところ、おいらが金勘定で潰した)のお話なんて宣うのでしょうか?
ぼかぁ、その方に絶望を感じてしまうのでした。

テーマ:社会ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2014/05/17(土) 23:01:17|
  2. 混沌なる戯言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふむ、ヘッドフォンとイヤフォンか……余り意味は無いと思うけれど

それについては、外で聞くか家の中か、イヤフォンならカナル型orそれ以外という問いも加えねばなるまい。

まず、家の中で有ればスピーカーから鳴らす以外の選択肢にヘッドフォン以外の選択肢は無い(机の前だしね)
当方は、別にマニヤでも何でも無いため、Victor HP-RX500 と AKG K77の二種類を(デジアンにつなげた状態で)使用していて特に不満は持っていない。

では、外は……となると、実のところカナル型のイヤフォンという者が大嫌いなのである。
もちろん、あの形式がもたらすメリットについては十分に承知しているのだけれど、しゃべりながら使ったりガムを噛んだりした場合の不快さ加減ときたら!
正直、あの不快感を我慢してまで使うなら音楽なんて聞きません。
故に、家の外であれば従来から有るインナーイヤ型や耳かけ式を選んで使用しています。
それに、ヘッドフォンにも言える事ですが、外部の音を遮断しすぎる様な製品は選ばないし、自慢では無いが耳は良い方なので音量を大きくする事も余り無い。

要するに、どちらか一方という事では無く、TPOとスタイルに合わせて使い分けるべきだし、外での騒音も余程絶えがたい物でもなければ雑踏の賑わいと割り切った方が良いでしょう。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

  1. 2014/05/09(金) 21:07:33|
  2. 混沌なる戯言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分の経験に当てはめると……

一般的でないことは解っていますが、せいぜいネットワーク直径が3~40mなら自分で敷設しちゃった方が早いですよ?

持ち家で、構造が解っているなら等と前提をいろいろつけますが@UbuntuによるEco Linuxサーバ構築記
http://eco.senritu.net/lan%E9%85%8D%E7%B7%9A%E5%B7%A5%E4%BA%8B%E8%B2%BB%E7%94%A8%E3%82%92%E5%AE%89%E3%81%8F%E3%81%99%E3%82%8B-how-to/


自分で見積もりして、自分で工事しちゃった人がここに居ますよと(まぁ、ウチは古い家なので天井配線でしたが)
その辺りの絡みで、我が家の基幹回線部分ってGbE以前の古いケーブルを使っていて、次もしもリフォームがてらいじくれるとすれば配線の大幅見直しを含む改装を行う予定ですが(藁

将来の配線張り替えの容易さや、もしも基幹部分などでチーミングを行うか等と行った判断も含めて手順構築を考えるなら……カテ6Aやカテ7(ただし、カテ7対応の機器を使わないと逆に速度低下)の複数配線をしておくのも手です。
で、自分で施工した場合だと、出来合のファクトリー品(つまり、工場レベルで品質管理バッチリ)による安定性と取り回し次第だけれど1万円でおつりが来るかな?
あとは、天井に入るか否かで変わりますが、作業時間に1時間ちょっとといったレベルで施工した覚えがあります。

敗戦距離やニーズ次第ですが、特に難しいことをしないのであればDIYしてみるのも良いかと思います。
あとは、リフォームや新築ならケーブル配線用の貫通穴を予め設けた家の工夫を加えると良いでしょう。
当時、施工するにあたり参考にした雑誌の事例(たぶんパワレポ)だと・・・・・・床を貫通した配線用パイプを通して上下にキャップを付け事例とかいろいろ呼んだ覚えがあります(^^;
持ち家であれば、そうしたやり方も検討しておくと良いでしょう。
なにより、自分でできることはなるべく自分でやらないと、戸建ての維持費って馬鹿になりませんから(汗

PS.
ちなみに、DIYしたのは(当時)文系(法科)の大学生ですよ?
ま、高校のころからPC触って早期に自作erとか、工科大志望から泣く泣く転向した輩だったりするのですが。

テーマ:自作日記 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/04/24(木) 20:15:46|
  2. 混沌なる戯言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

あなたは何人目?

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

DAK

Author:DAK
「汝平和を欲するならばまず戦争を知れ」・・・という言葉をご存じない方はお引き取りを(苦笑




Lc.ツリーカテゴリー

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

全てを混沌へ!

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。