混沌なるおもちゃ箱 FC支店

日々思フ事柄ヲ随時適当ニ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

実に久々……楽さからgoo側をメインにしている状態(自鯖停止中だし)だけれど久々に(ry

要するに、アルマータというか一連のロシア製陸戦兵器シリーズの中からIFVですよというお話し。
以前、ロシアの装備関係者の発言として、「旧式化した戦車などをアップデートして近代化する事は、コストパフォーマンスを考えると碌なものではない(特に、T-72の近代化版であるT-90を指して……いや、安くて相応の環境ならアリなのですが)」と言うモノが有りましたね。

そして、昨今の状況を考えると、歩兵戦闘車(以下、IFV)においても変わらない訳です。
戦車/重IFV/自走砲/工兵車両のプラットフォームとして、恐らく主力部隊向けのハイエンドとしてアルマータが作られましたが、ほかについては手抜きをしたかというと別問題で、時代に合わせてキッチリ一式最新世代に改めている様です(順調に調達されるか、各方面の対応はどうかは別として……いや、割りと深刻に考えた方が良いかと思いますが)



↑の動画が、装輪IFV(APCモデルは有ったっけ……上位モデルのKurganets-25では、APCのラインナップが有るけれど)で、手抜き無くフルラインナップで先君を反映した新しい設計と砲塔の重RWS化で様々な問題を解決した意欲作と言えるのでは無かろうか?
従来、旧ソ連からのIFVに有った問題……内部が狭すぎる&内部移動の不便……を、文字通り砲塔その物を大型無人銃座(砲座?)にすることで解決したという代物なのですね。



割りと砲塔部分が大きく移っている動画を例にしてみましたが、コレって重RWSのようなものですから、当然ながら重IFV・装軌IFV
・装輪IFVと全てに共通した装備(そう、装備と考えるべき)だったりします。
まぁ、重IFVであるアルマータ向けには、多少違う部分が有るのかも知れませんが……西側一般の装輪APCやIFVって、そろそろ20年選手で次へ入れ替える時期が近付きつつ有るわけで、ロシアの一連のシリーズを見るに次を考える良い死票になるのでは無いでしょうか(というか、30~40mmクラスが無いと戦車の援護が欲しいかなぁ)




装軌IFVのクルガンシェフ-25ですが、砲塔のコントローラらしきコマも有るので見てみると面白いかと思います。
こうした手法を取り入れることで、まぁ……RWSそのものが割りと狙撃で壊されたりして重装化(反応速度を求めると、どうしても大きくなると共に砲塔染みてくる)してくる訳で、機械的に担保できるなら外に出してしまうというやり方は、これからのトレンドとして一角を占めるんじゃ無いかなぁ(と言いますか、割りと前からRWSの砲塔化ってのは見えていたかも知れませんが)
スポンサーサイト
  1. 2016/07/28(木) 06:23:12|
  2. 軍事ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

で、スパホのアップグレードモデルに落ち着きそうだと……

そうだよねぇ、予算的にも韓国が単独で(自前のコンポーネントもないよなぁ……ソースコードもアレだし)ステルス戦闘機開発なんて無理な相談なんです。

で、ボーイングにエアバスの支援の元で改修するよー……と@businessnewsline.com
http://www.businessnewsline.com/news/201501060415310000.html


要するに、アドバンスドスーパーホーネットを採用しましょうという方向で落ち着く訳ですね。
ボーイングの戦闘機生産ラインが延命、エアバスのステルス改修(で、アメリカのステルス技術は出てこない)……Korean Airlines(大韓航空?)がメンテナンス業務受託で、スーパーホーネットのアップデート開発費を一部韓国に負担させる事が出来てアメリカもお得って辺りかな?

独自開発は……LMの支援有りといってもステルス技術の輸出は厳しいので、アドバンスドスーパーホーネットになるんじゃ無いかなと思うのですがどうでしょうね?
  1. 2015/01/16(金) 19:50:59|
  2. 軍事ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新型普通弾爆弾他の焼き直しっぽいですな

今年度の概算要求ネタなんですけどね!

やーっと、地対艦誘導弾の巡航ミサイル化にゴーサインなのかな@とぅげったー
http://togetter.com/li/720826


見たところ、低速巡航弾の対高付加価値目標対処の二重貫通弾頭とセンサー信管兵器の高性能化版の様ですから。

しかし、XGCS-2ってのは知っていたんですが、元は対空用臭い自己鍛造弾を同事多数生成してぶつけるって研究は初めて知りました(笑
SSMの改良型という名目で複数弾種作るのか、それとも短距離~中距離弾道弾の開発と混ぜて新たに正式化して装備するのか分かりませんが、いずれにしても航空機搭載型も作られれたら……お蔵入りにされた案件の敗者復活なんですねぇ。
  1. 2014/09/19(金) 00:34:32|
  2. 軍事ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

徴兵制のメリットデメリット他について・・・・

すんごく分かりやすいまとめですな。

要するに、今のウクライナみたいな状況に陥ったら@とぅげったー
http://togetter.com/li/704243


徴兵で頭数を揃えて徹底抗戦せにゃならん(シナとか、あんなの引き入れようものなら民族浄化待った無しのキチガイ集団よ?……ウィグルを見れば良くわかるが)訳です。
徴兵して市民を磨り潰しても、最終的に国民にとってプラスになるんです。
独立を失うってのは、そういうこと……そうなる前に引き締めて適度に軍備を備え、フリーハンドで戦える下地を作るのが一番の抑止政策でしょう。

逆を言うと、そうでもなければ余程のブレイクスルー(『All You Need Is Kill』の如く、最小限の訓練と外付けのメカニズム・残りは個人のセンスで解決!みたいな)でも無い限り、徴兵制で軍備を整える事に合理性が出てくるなんてことは無いでしょう。

実現したとしても、実際に正面に必要とされる頭数なんてたかが知れている上に、それなりのお値段になるでしょう。
やはり、近頃で言えばウクライナのような状態にでもならないと徴兵制を施行する意味は無いでしょう。

PS.
アイアンドームのオペレータって、正規の軍人よりリアルタイムストラテラジーのベテランプレイヤーの方が適している……みたいなケースもあるんです(実戦で良い結果が出ている)
んが、こういうケースを引き合いに出しても、居場所は管制室のコンソールですから、チョウヘイガーチョウヘイダーと連呼する人々が望む様な映像は決して出てきません(藁
基礎的なトレーニングはあるにしろ、求められる能力が同時多発的に発生する状況に対応するオペレータなので、それこそ工事現場のプレハブで事務作業……みたいに見えるんじゃ無いかな。

テーマ:国防・軍事 - ジャンル:ニュース

  1. 2014/08/13(水) 20:12:15|
  2. 軍事ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

比較的安価な強化モデルと言った所かな?

見た目にも良く分かるのです。
車体後部にスラットアーマー装備といった所なんか、シリアで撃破されたT-72系列に各種改良を施したモノなのでしょう。
まずは、シリアで撃破されるT-72(?)からご覧あれ。



車体側面の中央部に一撃を食らい、おそらく弾薬に火が回って……という、旧ソ連以来の自動装填装置以来の自動装填装置(砲塔ターレット基部に砲弾が円筒状に並んでいる)由来の有名な誘爆シーンとなっています。
で、ロシアの見本市で出てきた最新モデルではというお話に行ってみましょう。


これ、T-90MSでないかな?@テレ朝
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/220630013.html


見るからに砲塔バスルが有るタイプで、他の動画を見るとブローアウトパネルも備えているように見えますね。



割とコスト重視の複合装甲+新型爆発反応装甲に、砲塔バスルに即応弾を格納するタイプの自動装填装置を乗せたモデルなのかな?
1.2億(火器管制システム周りはオプション次第?)と最近の戦車として見るなら非常に安価と言えるでしょう。

要するに、T-72系列(T-90もT-72の改良型)から作られたチョールヌィイ・オリョールのようなモノをイメージすればいいのかな。

とはいえ、即応弾の数にも寄るので砲塔基部にも弾薬が有ったら誘爆の危険性は相変わらず高くなってしまうのでどーなっているのやら(^^;
見たところ、サイドスカートも何だか分厚くなっているように感じられるので、安く上げるなりに割り切った防護性能の強化が施されていると考えるのが妥当かな。

PS.
ちなみに、我が国の10式戦車も……信じがたいかも知れないけれど安価な戦車なんです(大真面目に)
ま、仮に輸出を許可したとしたら、開発費なんかも乗っけて2~30億くらいになるとは思いますが(メンテナンス契約を考えれば、そのくらい見ないと無理でしょう)

  1. 2012/07/02(月) 00:36:40|
  2. 軍事ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

あなたは何人目?

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

DAK

Author:DAK
「汝平和を欲するならばまず戦争を知れ」・・・という言葉をご存じない方はお引き取りを(苦笑




Lc.ツリーカテゴリー

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

全てを混沌へ!

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。