混沌なるおもちゃ箱 FC支店

日々思フ事柄ヲ随時適当ニ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ここの所、長らく中国がらみばっかりだったので

久々に朝鮮半島というか、韓国ネタでございます。
まぁ、ネタのストックはあるのですが……今日はノートではなくデスクトップの母艦からなのでtextが転送されていない……時事ネタとかばかりなので、別途纏めてヘッドライン形式にしますかねぇ。

で、韓国といえば為替が楽しいことになって居る訳で、「来月には危ないんじゃないか?」なんて声もチラホラと。
そんな訳で、まずは今日の値動きから見てみましょう(ニコニコでお馴染みのアレです)



うん、がんばって居るんですけどね、市中からあの手この手でドルをかき集め、さらには在日からかき集めて居るみたいですな。
前回、IMF融資受け入れ時のレートに向けて急撃に近づいているわけです。

で、株式市場もすごい勢いで@ロイター
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK020501020081024?feedType=RSS&feedName=marketsNews&rpc=155


まさに暴落、そして通貨の信用も雪崩を打っていると……明るい要素が何にもないですね。
そういえば、前回のIMF融資とあわせて行われた、日本からの融資って償却されているのかな?
返済されていないなら、IMFの融資すら受けられるか分からんと思うのだけれども(てか、我が国ももう貸さないよね)

更に、外貨建てで持っていた資産を@ロイター
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-34379020081017


市場から退避させて巻き戻す動きも、ドルをいったん経由させないと何も出来ないという現状ゆえ、最近の動きを後押ししちゃうわけですね。

少し前、FX業者が韓国ウォンの取り扱いから手を引いたという話がありましたが、この先どういうオチどころが付くんだろう?
スポンサーサイト

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2008/10/25(土) 00:50:53|
  2. 混沌なるかの国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あぁ、前のエントリで書いたばっかりだったんだけど……

また、有り得ない物が混ざった中国製加工品が出て来ましたね。
つぶあんからトルエンとか酢酸エチルとか、普通に考えたら有り得ないよ(汁

まずは産経から~@産経
http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/081007/dst0810071928009-n1.htm


とりあえず、食べたら気分が悪くなったので保健所へ持ち込んだところ、トルエン0.008ppm、酢酸エチル0.16ppmが検出されたという物。
当然ながら、製品は回収されて検査に回され、販売していたスーパーから回収された物からも有機溶剤が検出されたことは言うまでもありません。

ついで、朝日から~@朝日
http://www.asahi.com/national/update/1007/NGY200810070015.html


最近、アカヒらしからぬ記事が目立ってきているようですが、この手のネタだと割と詳しく書きますねぇ。

多分、一番詳しく書いているかな@YahooNews
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081007-00000057-mai-soci


毎日から記事が出ているYahooNewsの記事です。
気になったのは此方の一文(以下、本文より)

吉田武美昭和大教授(毒物学)の話 トルエンも酢酸エチルも検出された量では、口から入った場合には普通は健康に影響はない。大量に摂取すれば頭がふらふらする症状が出ることはある。両方とも水に溶けにくいものを溶かすために使う薬剤で、農薬や工業用に使われることが多く、食品に含まれていることはない。

ここまで。

基本的に溶剤なので、農薬に使われていたとしても残っているはずがないんですよ。
こんな、有機溶剤という有り得ない物が加工品に含まれている時点でおかしすぎます。

これらの有機溶剤を加えると、何らかの数値を誤魔化すことが出来るのか?……と勘ぐってしまいます。
先のエントリで、「他の様々な基準を誤魔化すために色々と加えて居るんじゃないだろうか?」と書いた後だけにかなり引いてしまいました(汁

もぉ、中国製品からはナニが出て来ても驚かないし、買い物籠には可能な限り入れないのが最大の防衛策ですね(でも、原材料だとナニに絡んでくるか分からん……ホント、中国で生産されただけでリスクじゃないのか)

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2008/10/08(水) 01:22:46|
  2. 混沌なる世相
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うーむ、メラミンネタしか蓄積しない(汁

本当は、もっと幅広く見るべきなのですが、金融問題にばかり目が行ってしまいますね。
中国絡みのニュースというと、ひたすらメラミン混入(というか、配合と言うべきレベルかな)ばかりになってしまいます。

なんかね、本当に中国製品と言うだけで@読売
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080930-OYT1T00687.htm


このようなリスクを背負うなら、リスク回避を考えると中国を外したほうが賢明だし利益に適う思ったほうが良いかもしれません。
兎に角、検品にかかる手間とか事故が起きたときの対策費を計上したら面白いことになるんじゃないかと。

あ、中国製造といえば……僕の使っている安ノートも、初期不良で一回交換しています。
ノートなのに、バッテリーを装着して起動するとエラーを吐いてOSが起動できないという不具合で、バッテリないしバッテリコントロール周りの不良(もしかしたら実装不良?)があったんじゃないかなぁと思います。
ホント、買ったらチェックをしっかり行わないと飛んでもないトラブルが沸いて出る可能性が(ASUSのEeeBoxとか、製造工程で混ぜられたら怪しいよね)

一応は基準値を下回るが@朝日
http://www.asahi.com/national/update/1003/OSK200810030099.html


放置するわけにも行かないでしょう。
基準値を上回る個体が出てくる可能性だってありますし、入っていることが論外とも。

思うに、チョコレートを作る際に加える粉ミルク辺りが怪しいかと。
安定剤としてタンパク質類を加えたりするなら、それらの成分を誤魔化すのにメラミン(純粋なメラミンより、合成時に出る不純物がミソらしいが)とかを加えたものが有ったのかも知れないし。

これは、原料の@産経
http://sankei.jp.msn.com/world/china/081002/chn0810020017000-n1.htm


チーズケーキの原材料って、乳製品ばかりですから、それらの元となる牛乳ですね、根っこにあるのは。
香港なので、生産は中国となる分けですが……、見逃すことが出来ないのは、基準値を上回っていることです。無論、メラミンなんぞが混ざっている時点で論外なのですけれど。

そして、お隣韓国では@産経
http://sankei.jp.msn.com/world/china/081004/chn0810042125006-n1.htm


国内生産のお菓子から検出……まぁ、色々と問題が(虫入りとかショッキングだったが)あった韓国のお菓子ですけれど、中国製の原材料に混ざっていたって言うのが真相でしょうね。

他にも出てくるだろうと思っていたのだが@日刊スポーツ
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp1-20081004-415762.html


オージーにて、中国製の「午後の紅茶」からメラニンが検出されたそうです……と。
で、実際に記事を開いてみたらメラミンでした。

見出しの誤植でしょうかねぇ……しかし、「同社広報部は「中国で生産、販売している『午後の紅茶』からメラミンは検出されていないし、商品にメラミンが混入していた乳製品メーカーからの仕入れもない。中国からオーストラリアへ正規輸出もしておらず、事実関係の確認を進めている」と話している」と有るんですよね。

業者が仕入れて持ち込んでいた(でも、オージーって食品の持ち込みには滅茶苦茶五月蠅くなかった?)のでしょうか?
それとも、午後の紅茶を謳った真っ赤な偽物だったりする可能性もあるのでクエスチョンマークが消えません(汗

これらの一件、タンパク質の含有量を誤魔化すためにメラミン(無論、メラミンとしても品質は宜しくないでしょうが)を混ぜたり、水と他の物を混ぜる事で文字通りの水増しが背景にはあると思います。

しかし、果たしてタンパク質だけなんだろうか?
他の物も、食用として想定していない物を混ぜ込むことで誤魔化せる成分が有り得るのではないか……そして、それが実際に行われて居ないなんて確信は出来ません。
結局、消費者として出来ることと言えば、なるべく中国製を避けるしかないんですよね(他にも気をつけるべき事はたくさんあるけれど)

テーマ:中国のニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2008/10/06(月) 00:37:48|
  2. 混沌なるかの国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

あなたは何人目?

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

DAK

Author:DAK
「汝平和を欲するならばまず戦争を知れ」・・・という言葉をご存じない方はお引き取りを(苦笑




Lc.ツリーカテゴリー

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

全てを混沌へ!

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。