混沌なるおもちゃ箱 FC支店

日々思フ事柄ヲ随時適当ニ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さて、中国のバブルはどうなるやら

現在のインフレ率は、銀行の預金金利を上回っているわけで……現金よりも現物が意味を持つワケなのですが、こんな矛盾を放置していてどうなるのやら。


中国の地方政府は……@JBpress
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/10023


かなりまえから、農民の土地を収用>工業団地等へと売却(というか開発権を与える……土地は、あくまでも国からの借地権に過ぎない)という流れで収入を得ていました。
とうぜん、この中で担当者などにキックバックが有り上納金が上へという形で銭が流れるシステムでした。
土地の収用というか、要するに接収で農地を失った人々が出稼ぎに回ったりとんでも無いところに追いやられたりすることが田舎で頻発していたわけです。
こうしたことを考えると、不動産と言っても収用されてしまうリスク(そして、不動産による利殖を回している最大の主体は何処だろうという話も)があるわけです。


更に、土地収用を計って回転させようとする根っこに@JBpress
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/10205


財源の半分以上を中央政府に持って行かれるようになった……まぁ、中国の地方政府なんて中央の言うことを聞かない聞かん坊だったのかも知れませんが(「動け!」といっても動かず、「止まれ!」と無知を叩いても止まらないといった例えがあります……中国の役人の発言ですょ?)
規制強化も、この先どうなるか分からず……規制されれば地方の既得権益(というか地方共産党組織)に飴をしゃぶらせるために手綱を緩めるのかも分からん。


不動産とインフレへの懸念が@JBpress
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/10000

更に深刻な成長への懸念へと転化し、コレまで強気だった所が弱気に転じたって所ですかね。


ふむ、久々の中国ネタなのですが……JBpressからネタを引っ張ってきただけなので内容が無いに等しい(^^;
暫く放置していただけに、たまにはアレコレ書かないと(汁
スポンサーサイト

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2011/06/03(金) 01:39:55|
  2. 混沌なるかの国
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

あなたは何人目?

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

DAK

Author:DAK
「汝平和を欲するならばまず戦争を知れ」・・・という言葉をご存じない方はお引き取りを(苦笑




Lc.ツリーカテゴリー

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

全てを混沌へ!

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。