混沌なるおもちゃ箱 FC支店

日々思フ事柄ヲ随時適当ニ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

徴兵制のメリットデメリット他について・・・・

すんごく分かりやすいまとめですな。

要するに、今のウクライナみたいな状況に陥ったら@とぅげったー
http://togetter.com/li/704243


徴兵で頭数を揃えて徹底抗戦せにゃならん(シナとか、あんなの引き入れようものなら民族浄化待った無しのキチガイ集団よ?……ウィグルを見れば良くわかるが)訳です。
徴兵して市民を磨り潰しても、最終的に国民にとってプラスになるんです。
独立を失うってのは、そういうこと……そうなる前に引き締めて適度に軍備を備え、フリーハンドで戦える下地を作るのが一番の抑止政策でしょう。

逆を言うと、そうでもなければ余程のブレイクスルー(『All You Need Is Kill』の如く、最小限の訓練と外付けのメカニズム・残りは個人のセンスで解決!みたいな)でも無い限り、徴兵制で軍備を整える事に合理性が出てくるなんてことは無いでしょう。

実現したとしても、実際に正面に必要とされる頭数なんてたかが知れている上に、それなりのお値段になるでしょう。
やはり、近頃で言えばウクライナのような状態にでもならないと徴兵制を施行する意味は無いでしょう。

PS.
アイアンドームのオペレータって、正規の軍人よりリアルタイムストラテラジーのベテランプレイヤーの方が適している……みたいなケースもあるんです(実戦で良い結果が出ている)
んが、こういうケースを引き合いに出しても、居場所は管制室のコンソールですから、チョウヘイガーチョウヘイダーと連呼する人々が望む様な映像は決して出てきません(藁
基礎的なトレーニングはあるにしろ、求められる能力が同時多発的に発生する状況に対応するオペレータなので、それこそ工事現場のプレハブで事務作業……みたいに見えるんじゃ無いかな。
スポンサーサイト

テーマ:国防・軍事 - ジャンル:ニュース

  1. 2014/08/13(水) 20:12:15|
  2. 軍事ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

軍事研究の何月号だったか

其方でも読んだけれど、横付けしている所を見ると良くわかる。

機動揚陸プラットフォームって@週刊オブイェクト
http://obiekt.seesaa.net/article/403088879.html


要するに、港湾を押さえる事無くRORO船から重装備をピストン輸送できるって事なのね。
更には、港湾施設がない場所にも、洋上で随時揚陸艇に重装備部隊を乗せて送り込む事を可能にする移動桟橋ってことなのねん。

強襲揚陸部隊が戦っている間に、すぐに後詰めの重装備部隊が増援として投入されるという防衛側にとっては痛い装備となるわけだ。

テーマ:国防・軍事 - ジャンル:ニュース

  1. 2014/08/06(水) 21:05:13|
  2. 混沌なるメモ書き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウクライナ関連で三つほど

並べ方で色々と感じ方も変わるのですが、ウクライナ情勢も日々転がり続けて今は何処?

ニューヨーク市場急落@BLOGOS
http://blogos.com/article/91884/


見出しから……「ロシアが4万5千の兵士、160台の戦車、1千台の装甲車をウクライナ国境へ」……さて、内容的にも見出し通りなのですが、ウクライナ政府側に追い詰められた親ロシア派をどうするつもりなのかで裏表がガラリと変わる話です。

下手に手を出して欧米との更なる関係悪化を望むのか、それとも証拠隠滅とばかりに親ロシア派の殲滅/証拠隠滅を図るのかで180度変わる話です。
戦力でみると、恐らく槍としての戦車旅団+自動車化狙撃師団に加えて、虱潰しにするための軽歩兵といった組み合わせでしょうか。

どちらに転ぶか解りませんが、実のところロシアも経済的に首が絞まっているところでどのように考えるべきかですね。



経済制裁の影響がひしひしと@BLOGOS
http://blogos.com/article/91848/


経済制裁による資本の流出と共に、長引けば長引くほどにロシアから離れる消費国。
そうでなくとも、今回の一件で供給地域の多重化といった方向に動く事でしょうから、収入の柱を天然資源に頼るロシアの経済には痛い話になるでしょう(中国は、その辺で足下を見て値切るし、中央アジア諸国との間に自前のパイプラインを敷きつつあるし)……痛いけれど、将来の減収待ったなしだとおもうんですけどね。

今のところ、金融制裁だけなので天然ガスには影響が出ていませんが、影響が出てくればどうなるか解らない上に金融制裁中となれば、外債の借り換えなんかに支障が出てくる事が予想されるだけに色々と首が絞まっているのです。

さて、この始末をどう付けるのかと言うところな訳です。



さて、ロシア派軍事介入に踏み切るのか?@BLOGOS
http://blogos.com/article/91820/


やはり、正規軍に押されて徐々に押し込められつつある親ロシア派な訳ですが、ロシアによる軍事介入の可能性が低下している事と、増強された戦力(自警団とか、以外と欧米の紐付き民間軍事会社も混じってるよね多分)でしょう。
さらに、マレーシア機撃墜を追い風として、親ロシア派に対して以前よりも幅広い軍事的オプションを大手を振って振るえる状態にある事も大きいでしょう。

で、ロシアがどうするかなんですなぁ……クリミア型の介入なんて出血が多すぎて成立しないでしょうし、正面切ってウクライナ正規軍とぶつかるのは、勝てるにしても後始末が致命的になる可能性が高いとなると、ウクライナ国境に展開しつつあるロシア軍は何なんだろう?
ロシア的平和維持活動とか、物理的にキレイキレイしちゃうオプションが標準装備だから、正面切った軍事介入になっちゃいますからね(^^;

そこで、親露派をロシア自身の手でキレイキレイしちゃうオプションの可能性も忘れちゃいけないって事なんでしょう。
名目なんて後付けでどうでも出来る……というか、撃墜に使われたブークにしてもロシア軍から奪われたとか何とか言い出す可能性だって十分にある訳だから(汗


さて、どう動く事やら……株価の動きと共に、各種資源の値動きを加えたらどのように考えますかね。

テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2014/08/06(水) 19:45:45|
  2. 混沌なる世相
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あなたは何人目?

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

DAK

Author:DAK
「汝平和を欲するならばまず戦争を知れ」・・・という言葉をご存じない方はお引き取りを(苦笑




Lc.ツリーカテゴリー

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

全てを混沌へ!

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。