混沌なるおもちゃ箱 FC支店

日々思フ事柄ヲ随時適当ニ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

F-35の調達削減に対する反論でもあるが、大まじめな話なんです。

ま、確かにF-35のコスト超過は問題ですが、マイケル・ワイン米空軍長官の言っている事は大まじめな事なんですよ。

ガタイが大きい分、手数は重要です@iza
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/85616/


無論、F-35の調達削減に対する反論という部分がきわめて大きいのですが、仮想敵国としては中国が第一に上がっていることは間違い有りません(最近のシフトもそう言う意味合いがあるんです)

何せ、中国の行っている行為ってモロにアメリカの海洋覇権に楯突く行為ですから。
ビルマについても、マラッカ海峡周辺にあるビルマの飛び地が有り、其処を海軍基地として租借するのは露骨ですから(津波でいったん壊滅しましたが、パキスタンのクワダルも有ります)

基本的に、アメリカにとって頭痛となる種をせっせと蒔いている中国ですし、更には第二列島線云々のアレとかね・・・アメリカだけでなく、周辺諸国に対して等しく喧嘩を売って居ますから(で、「自由と繁栄の弧」がそれに対する日本の回答と考えて良いでしょう)
振り返ってみれば・・・旧イラクのフセイン政権時代、通信システムの光ファイバー敷設工事とかでせっせとイラクと商売していたのは中国でしたねぇ・・・イラク戦争の1~2年前だったと思いますが(^^;

これを、将来において戦闘が発生しうる地域と考えた場合、烈度の大小はありますが・・・西はアフリカから東は我が国周辺まで、非常に広い地域に渡ります。
そして、我が国周辺での戦闘発生の場合、戦力の配置密度と攻撃目標の数から言って非常に機数が重要になる事がご理解いただけるかと思います(何せ、潰すべき的が多いのです)

当然ですよね、沿岸を潰した後、中国沿岸海域をしらみつぶしにしてSSBNも潰さなければならないシュチュエーションだって考えられますから(まぁ、この場合は最悪のシナリオですが・・・優勢が確保できるなら、SSBNや関連施設/人員ごと消毒したいって所です)

そういう事態になった場合、機数って言うモノは非常に重要な因子なので、何ら具体的な代案も無しに削減というモノは、アメリカにとってもマイナスですし、我が国にとっても非常に有り難くないコトなんです(航続性に問題があると尚更)

こういった、色々なモノを含めて考えると、アメリカに於ける中国を仮想敵とする考えって、実にまっとうなんですよ。
おそらく、今後20年かそこいらでしょうかねぇ?・・・最終的に、中国を分裂させて二度とひとまとまりにならない様に切り刻む迄続いてくれたら有り難いんですが。
で、その次は・・・やっぱり、国力を有る程度回復させたロシアが、再び仮想敵としてのぼってくるんじゃないかなぁ・・・とは思っていますが。

PS.
我が国のF-Xに関して言えば、F-35は・・・間に合わないし性能的にも適合しないのでNGですねぇ。
ぶっちゃけ、F-22が駄目ならば、自前で開発って所でしょうか。
ただ、そうなるならばそうなったで・・・防衛だけじゃなく民間航空で利益を上げ、それで食えるようになって欲しい所です>我が国の航空宇宙産業(^^;l
スポンサーサイト

テーマ:考えさせるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/10/22(月) 01:12:51|
  2. 混沌なる戯言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<まぁ、生き延びるとは思うけど・・・見たいなぁw | ホーム | ネトランに改名して再スタートですか・・・そうですか・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chaostoybox.blog101.fc2.com/tb.php/178-088f5dd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あなたは何人目?

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

DAK

Author:DAK
「汝平和を欲するならばまず戦争を知れ」・・・という言葉をご存じない方はお引き取りを(苦笑




Lc.ツリーカテゴリー

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

全てを混沌へ!

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。