混沌なるおもちゃ箱 FC支店

日々思フ事柄ヲ随時適当ニ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

これって、どの程度役に立つかな?

僕が考えるに、案山子以外の何者でもないと思うんだが。

写真の元ネタはこれね@YahooNews
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080724-00000000-scn-cn.view-000


北京のオリンピックスタジアム区画に配備された地対空ミサイルシステムなんですが、見たところではHQ-7ないしその改良型っぽいんですよね。
で、HQ-7ってのは…80年代に西側と接近した際に手に入れた、フランス製のクロタルSAMをデッドコピーしていじくり回したモノなんですな。

詳しくは、こちらの「日本周辺国の軍事兵器」を見ていただくとして…どうなんでしょうね?

HQ-7だと、射高は5000m程度の射程が最大で12kmといったところなのですが、民間航路の旅客機が乗っ取られて突入コースに入ったとして、十分な距離で撃破できるのかなと疑問に思ったワケなんです(射程にしても射高にしても最大値でしょうし、実際の射程なんてもっと短いはずですから)

試しに、GoogleEarthのフライトシムモードで軽く確認してみたのですが、滑走路への着陸コースをとるどの段階で乗っ取るか、どんな高度からつっこませようとするか(こういうのは疎いんです)等とジョイスティックを握りつつ考えてみたのですが、いまいちぴんと来ませんでした(^^;

ただ、中型/大型旅客機で突入を図り、都市上空で撃墜を計るって事は、何を考えても被害が大きいとしか言いようがありませんね。
北京の市街地上空まで期待を持ってら来れれば、たとえミサイルを食らったとしても大きな被害を与えることが可能です(本当は、失敗しても中南海あたりに突入できれば戦果としては最上か)

ただ、オリンピックスタジアムや中南海のような決定的な所に突っ込めなければ、独裁国家である中国共産党体制において打撃は少ないといった所でしょう。
おそらくは、何事もなかったかのように押しつぶされてしまうのでは無いかなと考える次第です(なんせ、中国共産党員以外は人間の勘定に入っていないと考えても外れじゃないはずですから)
むしろ、航空機による突入よりも爆発物による同時多発的な攻撃や、トラックによる防空ミサイル等に対する自爆攻撃のほうがセンセーショナルかつ効果的なのでは無かろうか?…等と脳裏に浮かんだ次第です。

PS.
MSFS2000とか、フリーのフライトシムのたぐいを放り込んで、北京周辺のマップが有れば色々と考察するのに役立つんですけどねぇ。
あと、ミサイルの射界がどれだけ取れるかとか色々と(S-300系列のような垂直発射型だと、その点で有利なハズなので、その点でもHQ-7を案山子じゃないかなと思ったワケなんですが)疑問がつきないのでありました。
スポンサーサイト
  1. 2008/07/27(日) 22:33:40|
  2. 混沌なる戯言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<さて、ちょっとたまったネタの整理をば | ホーム | 堰を撲って弾けたら弾けたで問題なんだけどね(資本の逃避が間に合わないし)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chaostoybox.blog101.fc2.com/tb.php/343-b7d72d0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あなたは何人目?

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

DAK

Author:DAK
「汝平和を欲するならばまず戦争を知れ」・・・という言葉をご存じない方はお引き取りを(苦笑




Lc.ツリーカテゴリー

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

全てを混沌へ!

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。