混沌なるおもちゃ箱 FC支店

日々思フ事柄ヲ随時適当ニ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中国でケチが付いた博士号

経済政策としての大学乱立と粗製濫造も有りましたね。
進学にかこつけて、兎に角金を吐き出させて経済を回そうという事も近年行っていました。
(※文中での用語は、Wikipediaへと飛ぶようになっています)


更に粗製濫造極まるわけですか……@NBonlyne
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20090805/201765/?P=1



まずは、根っこから掘り下げて考えてみましょう。
長期にわたる混乱・内乱・分裂・富裕層や民族資本の逃亡/破壊/接収を経て成立した背景を持つのが、現代の中華人民共和国(以降、中共)です。
そして、農民を煽動し取り込むこと&ゲリラ戦が基本にあったわけです。毛沢東などは、そう言ったゲリラ戦指揮官そのまんまの形で、長らく君臨するとともに権力闘争を繰り広げた背景を持っています。

その中で、文化大革命(ま、それ以前にも知識・文化の破壊は有ったのですが)という最悪の政治的扇動(と、事故権力保持のための形振り構わないゲリラ戦)工作を行ったわけです。
このとき、そもそも脆弱な基盤の元にあったであろうテクノクラート層(および予備軍)が、文化大革命の名の下に徹底的に弾圧/破壊されて居るんですね。
高等教育・技術者・研究者の養成基盤に致命的な被害を受けた過去を持つんです。この上、毛沢東はゲリラ戦の指揮官でしたから、文字通り形振り後先考えずを地で行くんですな。
と、此処まで書いて忘れていたのですが、文化大革命の前にも大躍進がありましたね。アレでも、大学生を動員して無意味などろんこ遊びで時間と資材を無駄に浪費していたはずです。
ワイルドスワンの何処だったか、この辺りと下放運動についての記述が有ったかなぁ……一言で言い表せば「無駄」そのもので、毛沢東のゲリラ的政治闘争極まれりと一括りにしておきたいと思います(^^;

こうした背景から、自国内での技術/文官教育というシステムに致命傷を受け、せっせと日本(その後はアメリカ等)に留学生を送り出したのが文化大革命の後、日中国交正常化の果実として彼らにもたらされるんですな(私が教わった先生とか、この辺りのディープなお話しが出てくる方も居られます……中国関連の先生とかモロに同級生だったりとかするそうで)
こうした形での外国教育機関での教育を経て、ある程度の再構築は進みつつある(でも、海外に出たまま戻らない方が多い)中での官製大学ブームと、その延長線上にある今回の粗製濫造博士へと続く部分も有るのでしょう。


乱造された大学と大学生&就職浪人で院・ドクターへ……と、粗製濫造の生産ラインが出来ているあたり、大本には消費刺激政策としての大学設立(と、更には疲弊から立ち直りたい高等教育)が有ったわけです。卒業してみたら、大卒の人間を必要とする場所が(思ったほど)無かったというオチも付くわけですが(汁

こうした中、流れ的に博士課程を経て出てきたドクターがあふれるのですが、いかんせん粗製濫造で大部分に価値がない訳です。
更に傷が付く話なのですが、博士課程経由ではなく、論文で博士となる論文博士にしても問題山積で……論文の盗用や、地位に伴う泊付けで博士号を取るケースも当然有るようです。
かくして、中国に於いて博士号の価値に対する問題が沸いて出ているというお話しと、私なりの原因を頭の隅っこからほじくり出してみたという小話でありました。


PS.
アメリカの三流大学でも99%不合格になるだろう……という辺り、これを日本の大学に換算したらどうなるんだろう?
スポンサーサイト

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2009/08/07(金) 23:14:36|
  2. 混沌なるかの国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<案の定なネタとか | ホーム | ウイグル絡みから色々と>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chaostoybox.blog101.fc2.com/tb.php/437-7df89812
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あなたは何人目?

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

DAK

Author:DAK
「汝平和を欲するならばまず戦争を知れ」・・・という言葉をご存じない方はお引き取りを(苦笑




Lc.ツリーカテゴリー

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

全てを混沌へ!

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。