混沌なるおもちゃ箱 FC支店

日々思フ事柄ヲ随時適当ニ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

粒子加速器や原子炉を用いない元素変換?

パラジウムなどを積層させた金属膜で隔てられた環境で、重水素が充満した側と真空の側・・・・・・で、真空にした側に変換された元素が確認できたそうな。
ちなみに、種となる元素は皮膜の表面に有ったらしい。

で、重水素が幕をすり抜ける際に@日経
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDZ040JJ_X00C14A4000000/


水素ガス側の表面に有った元素を巻き込みつつ浸透し、膜の中で重水素から原子核を受け取ることで対象物が核変換を起こすという理屈らしい。
『セシウムはプラセオジウムに、ストロンチウムはモリブデン、カルシウムはチタン、タングステンは白金』・・・・・・と、実際の実験結果が学会で発表されたそうです(ちなみに、三菱重工の研究ね)

これで、ガスは重水素を使っているけれど、重水素から三重水素(トリチウム)なんかを使ってみたり・・・・・・そういった試みはあるのかな?
なんにせよ、仕組み次第で厄介な放射性元素を有意義なものに変換できる可能性が出てきたわけで、今後の研究と事業化につなげてほしいですね。

元素はどうしてできたのか (PHPサイエンス・ワールド新書)元素はどうしてできたのか (PHPサイエンス・ワールド新書)
(2013/11/19)
櫻井博儀

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:テクノロジー・科学ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2014/04/11(金) 06:14:06|
  2. 混沌なる世相
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<車いすに電動アシストか…… | ホーム | ふむ、大気中からローテクで水を集めるアイディアか……>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chaostoybox.blog101.fc2.com/tb.php/503-e318e3d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あなたは何人目?

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

DAK

Author:DAK
「汝平和を欲するならばまず戦争を知れ」・・・という言葉をご存じない方はお引き取りを(苦笑




Lc.ツリーカテゴリー

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

全てを混沌へ!

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。