混沌なるおもちゃ箱 FC支店

日々思フ事柄ヲ随時適当ニ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大出力ディーゼルエンジンの開発というのは

今まで、どれだけリソースをぶち込んで七転八倒した積み重ねが如実に表れるんじゃ無いかな。
たとえば、10式より一つ前の90式戦車のエンジンなんて、ご先祖様をたどって行くと大戦に間に合わずGHQに接収されて開発継続&資料一式根刮ぎ持ち去られたZC707(で、残された技術者によって復元&発展型の開発を経て今に至る)に行き着きますし、余所のメーカーだって開発していた訳です。
更に、軍主導の統制発動機計画を経て戦後のディーゼルエンジンにつながって行く訳なんですが……そんなに直ぐに得られるようなノウハウではありませんよね何につけても(動かす物は特に)

輸出とか苦しくなるけれど、コンポーネント輸入orライセンス生産でで堅実に@U-1速報
http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50436131.html


88式というかK-1の時のように仕上げて、時間をかけてパワーパック開発ってやれば良いのにねぇ……何とか基準を引き下げてテストをパスさせたけれど、予定した加速性能を満たせない等々(装甲他にも問題を抱えているだろうけれど)とどことなくデザインがルクレールにに似ているK-2の未来ってどーなんでしょうね。

ただ、急ぐ理由も分からん話じゃ無いのです。
戦車の数を重視しているため、M48なんかが未だに現役だったりしますからね(とはいえ、「故障の多いK-1A1等よりM48の方が良い」なんて人も居るらしいが)
そうした旧世代戦車の代替(と、不具合多発のK-1A1……まぁ、105mmに最適化した車両を無理矢理120mmにした反動が凄いのでしょう)という建前ですから、より固い移動式トーチカでも要求は満たせるって事なのかな。

技術資料として、ロシアから買ったT-80Uも有る訳だし、もっとデザインを変えたら(ルクレールとT-80Uを足してユーロパワーパック仕立てにするとか)良かったんじゃ無いかなぁ。
旧ソ連式複合装甲って、価格性能比が高く不足部分を爆発反応装甲で補うとか割り切りが凄いんですが、そうした部分について現物から学べなかったのだろうか?
スポンサーサイト
  1. 2014/11/15(土) 08:55:23|
  2. 混沌なる戯言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<さて、ロシアはどのみちケツに火が付いていたというお話し | ホーム | オーストラリアが噛まなくても、アメリカが乗ってきて採用するとか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chaostoybox.blog101.fc2.com/tb.php/534-132407ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あなたは何人目?

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

DAK

Author:DAK
「汝平和を欲するならばまず戦争を知れ」・・・という言葉をご存じない方はお引き取りを(苦笑




Lc.ツリーカテゴリー

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

全てを混沌へ!

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。