混沌なるおもちゃ箱 FC支店

日々思フ事柄ヲ随時適当ニ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

実に久々……楽さからgoo側をメインにしている状態(自鯖停止中だし)だけれど久々に(ry

要するに、アルマータというか一連のロシア製陸戦兵器シリーズの中からIFVですよというお話し。
以前、ロシアの装備関係者の発言として、「旧式化した戦車などをアップデートして近代化する事は、コストパフォーマンスを考えると碌なものではない(特に、T-72の近代化版であるT-90を指して……いや、安くて相応の環境ならアリなのですが)」と言うモノが有りましたね。

そして、昨今の状況を考えると、歩兵戦闘車(以下、IFV)においても変わらない訳です。
戦車/重IFV/自走砲/工兵車両のプラットフォームとして、恐らく主力部隊向けのハイエンドとしてアルマータが作られましたが、ほかについては手抜きをしたかというと別問題で、時代に合わせてキッチリ一式最新世代に改めている様です(順調に調達されるか、各方面の対応はどうかは別として……いや、割りと深刻に考えた方が良いかと思いますが)



↑の動画が、装輪IFV(APCモデルは有ったっけ……上位モデルのKurganets-25では、APCのラインナップが有るけれど)で、手抜き無くフルラインナップで先君を反映した新しい設計と砲塔の重RWS化で様々な問題を解決した意欲作と言えるのでは無かろうか?
従来、旧ソ連からのIFVに有った問題……内部が狭すぎる&内部移動の不便……を、文字通り砲塔その物を大型無人銃座(砲座?)にすることで解決したという代物なのですね。



割りと砲塔部分が大きく移っている動画を例にしてみましたが、コレって重RWSのようなものですから、当然ながら重IFV・装軌IFV
・装輪IFVと全てに共通した装備(そう、装備と考えるべき)だったりします。
まぁ、重IFVであるアルマータ向けには、多少違う部分が有るのかも知れませんが……西側一般の装輪APCやIFVって、そろそろ20年選手で次へ入れ替える時期が近付きつつ有るわけで、ロシアの一連のシリーズを見るに次を考える良い死票になるのでは無いでしょうか(というか、30~40mmクラスが無いと戦車の援護が欲しいかなぁ)




装軌IFVのクルガンシェフ-25ですが、砲塔のコントローラらしきコマも有るので見てみると面白いかと思います。
こうした手法を取り入れることで、まぁ……RWSそのものが割りと狙撃で壊されたりして重装化(反応速度を求めると、どうしても大きくなると共に砲塔染みてくる)してくる訳で、機械的に担保できるなら外に出してしまうというやり方は、これからのトレンドとして一角を占めるんじゃ無いかなぁ(と言いますか、割りと前からRWSの砲塔化ってのは見えていたかも知れませんが)
スポンサーサイト
  1. 2016/07/28(木) 06:23:12|
  2. 軍事ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | で、スパホのアップグレードモデルに落ち着きそうだと……>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chaostoybox.blog101.fc2.com/tb.php/537-cd440570
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あなたは何人目?

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

DAK

Author:DAK
「汝平和を欲するならばまず戦争を知れ」・・・という言葉をご存じない方はお引き取りを(苦笑




Lc.ツリーカテゴリー

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

全てを混沌へ!

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。