混沌なるおもちゃ箱 FC支店

日々思フ事柄ヲ随時適当ニ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

手抜きの詳細についてアレコレといった所まで

中国のコピペ新幹線(ま、それでも独自だと言いきるところが支那なのですが)ネタ二発(どっちもサーチナというあたり手抜き)なのですが、突貫工事に各種オカラだと思っていたらやっぱりそうだったようです。


まずは此方から……@サーチナhttp://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0622&f=national_0622_164.shtml">まずは此方から……@サーチナ
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0622&f=national_0622_164.shtml


建設に関わった技術者が、怖くて乗れないといった辺りから腐敗に至るまで大まかに……鋼材を削ったりというオカラ工事の基本から、工期を定めた突貫工事で安全管理などの重要事項がそもそも犠牲になっているという所まで(新幹線の場合、元は戦前から有る計画ですからねぇ)

この辺り、皆様ご承知のお話しなのですが……当然ながら他にも色々削っていたようです。


硬化剤のグレードを落としていて@サーチナ
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0301&f=national_0301_036.shtml


耐久性に疑問があり、5年以内に営業速度を下げねばならなくなるとか、恐ろしいことに橋脚の強度不足とか……突貫工事で作られていますから、地盤沈下の影響も含めて安全な乗り物では無いよねぇ(汁
何時事故が起こるか、高速走行時に派手に事故を起こしたらと思うと怖い乗り物です(それに中国の場合、国内航空便の方が安くなかったっけ)

国威発揚のためなのでしょうが、これで営業開始早々に大事故なんて起きたら笑いものですよね(ただでさえ、中身に至っては我が国を含めた各国のパテント侵害の嵐なのですから)

PS.
モウあ管……今度はFXについて言ってみたりとか、能力が一般人以下なんだから速いところ首を括ってしまえっ!

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2011/07/12(火) 01:34:53|
  2. 混沌なるかの国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さて、中国のバブルはどうなるやら

現在のインフレ率は、銀行の預金金利を上回っているわけで……現金よりも現物が意味を持つワケなのですが、こんな矛盾を放置していてどうなるのやら。


中国の地方政府は……@JBpress
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/10023


かなりまえから、農民の土地を収用>工業団地等へと売却(というか開発権を与える……土地は、あくまでも国からの借地権に過ぎない)という流れで収入を得ていました。
とうぜん、この中で担当者などにキックバックが有り上納金が上へという形で銭が流れるシステムでした。
土地の収用というか、要するに接収で農地を失った人々が出稼ぎに回ったりとんでも無いところに追いやられたりすることが田舎で頻発していたわけです。
こうしたことを考えると、不動産と言っても収用されてしまうリスク(そして、不動産による利殖を回している最大の主体は何処だろうという話も)があるわけです。


更に、土地収用を計って回転させようとする根っこに@JBpress
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/10205


財源の半分以上を中央政府に持って行かれるようになった……まぁ、中国の地方政府なんて中央の言うことを聞かない聞かん坊だったのかも知れませんが(「動け!」といっても動かず、「止まれ!」と無知を叩いても止まらないといった例えがあります……中国の役人の発言ですょ?)
規制強化も、この先どうなるか分からず……規制されれば地方の既得権益(というか地方共産党組織)に飴をしゃぶらせるために手綱を緩めるのかも分からん。


不動産とインフレへの懸念が@JBpress
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/10000

更に深刻な成長への懸念へと転化し、コレまで強気だった所が弱気に転じたって所ですかね。


ふむ、久々の中国ネタなのですが……JBpressからネタを引っ張ってきただけなので内容が無いに等しい(^^;
暫く放置していただけに、たまにはアレコレ書かないと(汁

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2011/06/03(金) 01:39:55|
  2. 混沌なるかの国
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

さて、このままgdgdで終わるのか、緊張が持続するのか


韓国の砲撃演習に呼応した物(北朝鮮の言い分として、境界線を越えて砲弾降らせるなヴォケということ?)のようですね。



反撃に80発を打ち返したとのことですが、掩体壕なのか永久陣地なのか分かりませんが、反撃に効果はなかった模様。

北朝鮮がD-30 122mm榴弾砲(及び、その近代化改修型)あたりで、韓国側がM101 105mm榴弾砲(及び、その近代化改修型)といったところかな?

掩体に入っていて効果がない云々となると、105mm辺りで反撃しているんじゃないかな。
155mmか、203mm辺りを放り込んで陣地ごと粉砕するのが手なのですが、此処まで来るとエスカレートする一方で第二次朝鮮戦争のゴングが鳴りかねないってことなのかも知れません。

とはいえ、韓国側も戦闘機による監視を開始(常識的に考えると、戦闘爆撃機の即応待機とCAPだろうから)とあるので、軍事的緊張が高まっているのは確かです。
さて、こうなれば我が国も含めて即応体制のレベルが上がるのは当たり前なんですが……どうなっているんだろう?

北朝鮮の核施設も、遠心分離器多数が稼働中となれば次の核実験の動きなどが出てくるでしょうし、日本海にMD群が展開するなどという展開では更に緊張の度合いが測れるのですが……平常運転でヲチして行きたいと思います。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2010/11/23(火) 22:25:59|
  2. 混沌なるかの国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どう見てもバブルだし

こうした都市を水源地(そう、黄河の水源地ですよねモンゴル高原って)になるような所に作るってのは如何なものかな?
タダでさえ、砂漠化などが叫ばれているところにコレだから……モンゴル高原から始まる黄河水系(今年辺り、河口部はどうなっているんだろう?)に、こうした物や乱開発の影響がどれだけ出ているのだろうか。


まさにバブルだとおもふ@らばQ
http://labaq.com/archives/51515090.html


七〇〇億を投じた内モンゴルの都市建設は、箱だけ作って中身が何もないと言う洒落にならない姿をさらしています。

で、ふと思ったのだけれど……こうした都市をでっち上げたということは、こうした都市に必要な水資源の手当が付いているのかな?
此方なんかを見ると水には困らないようにも思えますが(何せ、黄河の水源でしょうから……でも、モンゴル高原なんだよね)……潜在的な砂漠化土地面積が六割にも達するなんて所で、水資源の節約も含めた都市計画なんかが必要だと思うのですが(^^;
見たところ、水に過不足がないことを前提として作ったゴーストタウン(というか夢の跡)になるのではないでしょうか。

ま、要するに投機のために作られたもので、見せかけ上の金を膨らませただけに過ぎません。
バブルにコンクリートを流し込んでガッチガチに固める事が可能なレベルを超越していると思われる中、これが四半世紀経ったらどう変わるかな?


で、リスキーでビジネスにも差し障るから逃げ出すところが続々とというお話しとか。

ウチも身内に中国内陸部に@切り込み隊長blog
http://kirik.tea-nifty.com/diary/2010/10/post-46fb.html


赴任している人が居るので、何かと頭が痛いで御座る。
とにかく、リスキーかつ行動まで阻害されるなら、馬鹿みたいに儲からない限り足抜けするに限るわな。
あと、昨日おいらも書いたんですが、ダルフール紛争に手を突っ込んでいた中国ってのもありますね。

中国から、東南アジアや国内に@zakzak
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20101022/dms1010221607020-n1.htm


原料生産を移す動きは既にあるでしょう。
国内ってのは初耳なのですが、東南アジアに直営農場を作って生産するってのは、すでに新聞の紙面でも書いていたような。

色々な面でリスキーですし、こうした所に寄りかかるなんて危険すぎますから、より広く世界と商売をする(そして、それには安定した海運が必要)のが正解という事です。
ん~……漢方薬を南米で栽培したらどうなんだろうなんてふと脳裏に浮かんだのでした。


あと、我が国も潜水艦隊の増強を開始するという話ですが(てか、冷戦期に量産したフネの寿命が一気にくるから、毎年1~2隻は建造しないと寒帯が維持出来ないんじゃないかな?)

ペルシャ湾というか@The Voice of Russia
http://japanese.ruvr.ru/2010/10/22/27717324.html


中国がシーレーンを脅かそうとしており、日本を含めた周辺諸国が防備のために軍備拡張を開始していると言うだけです。

そして、中国が独自の海洋覇権戦略(でも、陸でも周囲総てに敵対しているんですよねぇ)を取りつつある……タダでさえ民族絶滅政策を平然と行っている連中に占領されたいなんて誰も思いませんよ。
中国のやり口というのは、正に一世紀遅れてやってきた植民地帝国主義のようなものです。

こうした中、我が身を守るには軍備の増強と周辺諸国との協力で封鎖を仕掛けるしかないんじゃないかな。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2010/10/23(土) 01:24:20|
  2. 混沌なるかの国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中国で服役させられている劉暁波さんが

ノーベル平和賞を受賞しましたね。
で、それを滅茶苦茶に弾圧している姿と、相変わらず悪の帝国ぶりを撒き散らす中狂という図で御座います。





基本的人権の欠如、そしてきわめて暴力的な体制に対する批判……至極真っ当ですね。

だから、ちみらが口出し出来る事じゃないんだって@YahooNews
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101008-00000143-jij-int


そんな中、そういった物を一切理解出来ないキチガイとして、世界中に恥を垂れ流す中狂という図が繰り返しばらまかれるのでありました。
しかし、ノーベル財団はノルウェー政府とは全く別個の存在なのですが、それをノルウェー政府に恫喝を重ねる辺り、中国包囲網へと世界を導くのではないでしょうか。

なんせ、周辺諸国総てと国境紛争を起こしているわけで、こうした存在に大して包囲網が築かれるのは自然な反応であると思います。
  1. 2010/10/09(土) 19:16:57|
  2. 混沌なるかの国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

あなたは何人目?

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

DAK

Author:DAK
「汝平和を欲するならばまず戦争を知れ」・・・という言葉をご存じない方はお引き取りを(苦笑




Lc.ツリーカテゴリー

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

全てを混沌へ!

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。